ローション・化粧水の付け方はコットン派or手のひら派?効果の違いやデメリットとは?

化粧水を使用する髪の長い外国人女性

結論から言うと・・・ローション・化粧水はコットンと手のひらのどちらでつけても効果に違いはありません

  • 『コットンでつける方が肌へ浸透しやすい』
  • 『手のひらでつけると、化粧水が手に吸収されてしまう』

このような話も聞きますが、ハッキリとした根拠はないそう。

とは言うものの、コットンと手で付けることに効果の違いはありませんが・・・どちらにもメリット&デメリットはあるようです・・・。

スポンサーリンク

コットン派メリット【ムダづきしない】

コットン派のメリットは手のひらで付けるよりも、コットンで付ける方が肌へのムラづきを防ぐことができるということです。

私たちの顔には鼻や目のくぼみ等、デコボコがたくさんあります。

そんな私たちの顔にまんべんなく化粧水をいきわたらせるためには、コットンの方が効率が良いようです。

化粧水の使用方法を確認意をすると、『コットンに500円硬貨よりやや大きめにとり・・・』というような表記をよく目にしますが、コットンの使用をすすめているのにはこのような理由があるからだと思われます。

また、正しい方法でパッティングができればマッサージ効果もあるようなので一石二鳥です^^

手のひら派メリット【化粧水をムダにしない】

手のひら派のメリットはなんといっても化粧水を一滴残らず顔に付けることができるということです。

化粧水をコットンにたっぷりとって使うのってちょっともったいない気がしますよね・・・それが高価な化粧水ならなおさらです^^;

化粧水をムダなく使いたいのであれば、間違いなく手のひらで使うことをオススメします!

また、手もひらで直接化粧水をつけることで肌の状態も確認できます。肌になにか異常があればすぐに気付くことができるので、その点もメリットです^^

 コットン派vs手のひら派デメリットは?

コットン派と手のひら派・・・やはりそれぞれデメリットはあるようです。

コットン派のデメリットコットン自体が刺激になってしまうということです。

私もよくあったのですが、使っている間にコットンが毛羽立っている・・・この状態のまま使用すると、コットンの繊維で逆に肌を傷つけてしまう可能性があるので、注意が必要です。

毛羽立ち安いコットンもあるので、コットンを購入する際はその品質もきちんと見極めることが重要です。

手のひら派のデメリットまんべんなく顔全体に化粧水をいきわたらせることが難しいということです。

小鼻や目の周りなど、まんべんなく化粧水がいきわたるよう指の細かな部分でケアしていく必要があります。

また、雑菌のついた手でケアしないよう衛生面にも気をつける必要があります。

自分のお肌の状態に合わせたケアが必要

コットンと手のひらのそれぞれにメリット・デメリットがあるようです。

結局、自分のお肌の状態にあっている方法でケアすることが一番良いということですね(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする